普通のダイエットと酵素ダイエットの違い

普通のダイエットと酵素ダイエットの違い

一般的に行われているダイエット方法というのは、食事の量を制限したり、お酒やお菓子などを控えるというカロリーを制限するダイエットになりますが、どうしても途中で我慢できずに挫折してしまったり、体重を落とすことができても結局リバウンドしてしまったりということが多いものです。
また極端にカロリーをコントロールするダイエット方法というのは、栄養が不足するために貧血を起こしたり集中力がなくなってしまったり、あるいは肌荒れを起こしやすくなるなど、ダイエット自体はできたとしても健康や美容に関してはデメリットも多いのです。しかもこういったデメリットの多い方法を続けているとストレスが溜まり、食事自体を拒否してしまう拒食症と呼ばれる摂食障害を引き起こすこともあります。肉体的にも精神的にもダメージを負ってしまうことが少なくないというわけです。

 

食事というのは人間の三大欲求の一つとなっています。つまり人間が生きていく上で必要不可欠、なくてはならないものであると同時に、食べることの楽しみというのは人生における大きな楽しみなのです。その生きていく上での楽しみを一つ奪ってしまうわけですから、精神的な喜びというものも奪われてしまい、ストレスを感じ、体調を崩すだけでなく精神バランスも崩れて何もやる気が出ないような状態にもなってしまいます。
このように、肉体的にも精神的にもダメージのあるダイエット方法というのは、一旦体重を落とすことができても、それが健康的とは到底言えるものではありません。また肌荒れなども起こり「キレイ」とも程遠いですね。
そこで、「酵素を使ったダイエット方法」であれば、酵素の働きによって毎日の食事を体の中でしっかりと分解、消化、吸収できるというエネルギーの効率が非常に良くなり、しかも体内に溜まって悪影響をもたらす老廃物や毒素といったマイナス要素を体外に排出する効果もあるので、体の中からスッキリとキレイになることができ、健康的なダイエットを実現できます。

 

体内に取り込んだ栄養素というのは、酵素が不足しているとしっかり分解してエネルギーとして吸収することができません。いくら栄養がたっぷりな食事をしていたとしても、酵素無しでは分解することもできずに留まり消化不良を起こすだけです。そうなるとエネルギーを吸収できないばかりか、胃腸に負担がかかり慢性的な消化不良を引き起こします。さらに消化不良だと新陳代謝の定価、そして基礎代謝量の定価も招くこととなり、結果「太りやすい体質」となってしまうわけですね。

 

つまり、いくら食事の量を制限してダイエットをしようとしても、酵素を摂らずに太りやすい体質をつくってしまうと、思っているように痩せることは不可能だということです。酵素をしっかりと補給するダイエット方法であれば、こういった負のスパイラルを起こすことなく、効率良く痩せられる体に改善をでき、しかも美しくキレイに痩せることができるという健康的なダイエット方法なのです。