酵素の働き

酵素の働き

酵素の働き

 

●酵素の働き?腸内環境を改善する
酵素には様々な働きがありますが、中でも重要な働きとして食べた物を分解、消化するという働きがあります。
通常、体内で不要となってしまった老廃物というのは腸を通じて便として体外に排出されます。しかし、腸に溜まった老廃物は全てキレイに排出されるとは限りません。
健康な方でも少なくても3キロから5キロ程度は宿便として腸に便が溜まっています。腸内には善玉菌と悪玉菌がいるのですが、悪玉菌はこの宿便をエサとして繁殖してしまい、腸内環境を悪化させます。つまり、宿便が多いほど腸内環境は悪くなってしまうわけです。腸内環境が悪化してしまうと、悪玉菌は有毒なガスを発生させ、口臭や体臭などの悪臭の原因になります。
酵素をしっかりと補給することによって宿便が溜まりにくくなるので、悪玉菌を増やさず、こういった症状を防ぐことができます。

 

●酵素の働き?血液がサラサラに
毎日の食事で食べた物というのは酵素の働きによって分解・消化されるのですが、当然体内の酵素が不足している状態だと食べたものをしっかりと分解・消化することができません。
そうなると消化されないままで血中へ流れ込むこととなってしまい、血液を汚してしまいます。いわゆる「ドロドロの血液」となってしまうわけです。
当然ドロドロの状態というのはキレイに流れにくい状態ですから、血管の中で血液が詰まり、血栓ができる原因となります。血栓ができて血液の流れが止まってしまうと脳梗塞や脳血栓を引き起こす場合もあり非常に恐いですね。
毎日しっかり酵素を補給することによって、食べた物をしっかりと分解・消化することができるので、ドロドロの血液になることなく、血液をサラサラな状態に保つ効果があるのです。