基礎代謝とは?

基礎代謝とは?

人間が生きていく上で、様々なことに対してエネルギーを消費することになるのですが、体温を維持したり、内臓を動かしたりなどそういったエネルギーの事を基礎代謝量と言います。ダイエットをして体重を落とすということは、エネルギーを使い消費することであり、そのためにはこの基礎代謝量を向上させることが重要なポイントとなるのです。逆に基礎代謝量が低下してしまうと、いくら食事制限などで摂取するカロリーを減らしたところでなかなか痩せることはできません。
ダイエットでエネルギーを消費するためには運動をすることだと言われますが、ウォーキングやジョキング、スイミングなどの運動による消費エネルギーというのは、実は基礎代謝によって消費されるエネルギーよりも小さいものなのです。よくジョキング1時間をして消費するカロリーがご飯一杯分なんて聞きますが、運動でのカロリー消費というのはそれほど大変なものなのです。

 

それに対して基礎代謝によって消費するエネルギーは圧倒的に多く、運動によるエネルギー消費が15?30%程度と言われるのに対して基礎代謝によるエネルギー消費は60?70%と倍以上の消費量となっているのです。つまり、いくら運動でがんばっても、基礎代謝量が低い人と高い人では大きな差が出てくるということになります。基礎代謝量が高い人というのは筋肉質の人、男性、若い人、皮下脂肪の少ない人となっており、逆に脂肪のたくさんついて肥満の人というのは基礎代謝が低く、太っているほど痩せにくい体質であるということが言えます。

 

つまり、ダイエットを成功させて体重を落としたいという方はまず基礎代謝量をあげることが大きなポイントとなります。ダイエット食品中心の食生活だったり、食事制限だけに頼ったダイエットで運動を疎かにしていては基礎代謝量が低下し、カロリー摂取を減らしても痩せにくい体質になってしまうだけなのです。